2010年05月14日

在日米陸軍 司令官、初のネット会見…動画サイト使い回答(毎日新聞)

 在日米陸軍のワーシンスキー司令官(少将)は13日、キャンプ座間(相模原市、神奈川県座間市)からインターネットを通じネット利用者からの質問に答え、「過去50年間、日米はこの地域の戦争抑止に成功した」と力説した。やりとりは生でネットに流された。米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設を巡り日米関係が揺らぐ中、米軍駐留の意義を市民に訴える狙いがあったようだ。

 司令官は、執務室にある2年前の就任時に陸上自衛隊からもらっただるまなどを紹介した後、ネット利用者からの質問に答え、「イラク戦争は誤りだったのでは」との問いに、「(イラク人は)我々と同様、自由を求めている」と述べ、フセイン体制崩壊の意義を強調した。また「普天間」については、「両政府が交渉中で、政治が解決すべき問題」と述べるにとどまった。

 在日米軍によると、同司令官は、「日本の動画サイトに直接訴えたい」と希望し昨年11月、「ニコニコ動画」に在日米陸軍専用のチャンネルを無料で設置してもらった。ネット会見は在日米軍の中でも今回が初めて。【杉尾直哉】

【関連ニュース】
イラク戦争:開戦から7年…「宗派和解」望む国民
サンデーらいぶらりぃ:斎藤 貴男・評『ルポ 戦場出稼ぎ労働者』安田純平・著
質問なるほドリ:米軍の無人機ってどんなもの?=回答・大治朋子
テロとの戦いと米国:第4部 オバマの無人機戦争/1(その1)
100枚の写真で見るイラク戦争

消費税率「いずれ上げる必要」=経産相(時事通信)
【写眼】安田菜津紀「明日を忘れないために」(産経新聞)
キャバクラ経営会社社長を逮捕=ホステス所得税など脱税−東京地検(時事通信)
鳩山首相最後のあがき ヘリ訓練分散案が浮上?(J-CASTニュース)
急性期病院の特定療養費、都道府県で最大2.5倍の開き(医療介護CBニュース)
posted by ミヤマエ ノブユキ at 10:36| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月29日

自由だけど寂しい「おひとりさま」(産経新聞)

 働きながら主婦業をこなす人、はたまた専業主婦など、これまで主に「結婚後」の女性のライフスタイルを取り上げてきたが、今回は「おひとりさま」とも言われる独身女性を取り上げてみたい。

 「おひとりさま」は、ジャーナリストの故・岩下久美子さんが平成13年、同名の著書(中央公論新社)で「個が確立できた大人の女性」と定義したのが始まり。17年に流行語大賞にノミネートされると、女性誌などで1人で旅行や食事を楽しむ女性をターゲットにした特集が組まれるようになり、その後は、未婚女性を指す言葉としても使われるようになった。

 そんな「おひとりさま」生活を選び、自由を謳歌(おうか)する独身女性からの投稿もある。

 《やはり一人でいる時間が好きで、自分にとって大切だったと思います》とは、東京都の女性(42)の意見。一部上場企業でエンジニアとして働いており、40代を前に当時付き合っていた男性と同棲(どうせい)生活を始めたが、半年で破局した。《自分の人生ではなくなってしまったようで窮屈》だったからだという。

 30代で購入したマンションのローン返済が間もなく終わることもあり、50代には仕事をリタイアして、英語力を生かしたボランティアを目指すそうだ。

 また、別の独身女性(45)も《自分磨きができるのは独身だから》と感じている。美容に気を使い、エステやアロママッサージなどを定期的に楽しんでいるという。

 一方、和歌山県の女性(50)からは《事情がある方以外は子どもを産むのが女性の使命。独身主義なんてただのわがまま》という厳しい意見が寄せられた。確かに、日本の少子化は切実な問題。《子供が生まれて感じる幸せがある》という意見も多く、独身生活を満喫するといっても、なかなかうらやましいと思えない部分もある。

 今のところ、筆者は「おひとりさま」。夜遅く仕事を終えて真っ暗な部屋に帰る生活は、自由ではあるが寂しくもある。結婚や出産以前に、せめて恋愛ぐらいは…との思いも募っている。(佳)

 「風」は大型連休後までお休みをいただきます。引き続き「女の生き方」をテーマに、ご意見をお待ちしています。

Eメール Kaze@sankei.co.jp FAX 06−6633−1940 郵送 〒556−8661(住所不要)産経新聞社会部「風」 お便りには、ご自身の電話番号、年齢を明記してください

【関連記事】
石田純一、「血行、イイ女」モナにデレデレ
女子プロ野球23日発足 当初2チーム、定着できるか
体をすっきり見せる「天使のブラ」 トリンプが秋冬新作お披露目
「調査捕鯨監督官」古川紘子さん 重要さ、公正さ知ってもらいたい
“マクラ”強要にマニア衝撃「地下アイドル」地獄生活とは
児童虐待防止法施行から今年で10年。なぜ、わが子を傷つけるのか…

中小企業政策で提言=共産(時事通信)
「長距離走者の孤独」アラン・シリトー氏死去(読売新聞)
牛6頭、口蹄疫の疑い=宮崎県内で2例目(時事通信)
JR西の歴代3社長を強制起訴 福知山線脱線106人死亡事故(産経新聞)
<北沢防衛相>ヘリ接近中国に再抗議(毎日新聞)
posted by ミヤマエ ノブユキ at 16:42| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月26日

<放火殺人>焼け跡から絞殺2遺体 富山(毎日新聞)

 20日午後0時25分ごろ、富山市大泉の3階建てビル2階の会社役員、福田三郎さん(79)方から出火。2階約140平方メートルのうち半分を焼き、焼け跡の寝室から福田さんとみられる男性と、妻信子さん(75)の遺体が見つかった。2人が煙を吸っておらず、首を圧迫されて死亡したことが分かり、富山県警は21日、殺人・現住建造物等放火事件とみて県警富山中央署に捜査本部を設置した。

 捜査本部によると、信子さんの首にはひものようなもので絞めた跡があった。福田さんはビル所有者で、2階で妻と2人暮らし。ビル1階は店舗で、3階は別の人が住む住居。福田さん方の寝室の焼け方が激しく、捜査本部は21日朝から現場検証して、詳しく状況を調べる。【大森治幸】

派遣社員遺族の請求棄却=自殺、うつ病認定されず−仙台地裁(時事通信)
民主「飛んでイスタンブール」庄野真代さん擁立へ(産経新聞)
社説検証 平沼・与謝野新党旗揚げ(産経新聞)
倉庫から米3660キロ盗む=容疑の無職男を逮捕−岡山県警(時事通信)
重要文化財指定(時事通信)
posted by ミヤマエ ノブユキ at 14:39| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。