2010年06月04日

乳幼児の「手足口病」西日本中心に増加続く(読売新聞)

 おもに乳幼児の手や足、口内の粘膜に水疱(すいほう)性の発疹(ほっしん)ができる「手足口病」患者の増加が、西日本を中心に続いている。

 先月23日までの1週間に全国の定点医療機関3000施設から国立感染症研究所に報告された患者数は、前週に比べて倍増した。感染研は手洗いの励行を促すとともに、「発熱が続く場合は早めの受診を」と呼びかけている。

 感染研によると、報告された患者数は4267人。1医療機関当たり平均1・41人で前週の0・74人を大きく上回り、過去10年の同時期と比較して最も多い。重症化の恐れがある「EV71」というウイルスが6割を占めた。

 都道府県別では、愛媛(10・2人)、山口(6・1人)、大分(4・3人)、高知(4・2人)の順。大半は5歳以下という。

身ぶりと音声で生活機器を操作―産総研が障害者支援システムを開発(医療介護CBニュース)
機密費使途、前任者から説明受けず=政府答弁書で官房長官(時事通信)
鳩山政権継続に理解を=枝野刷新相(時事通信)
77歳が84歳からひったくり、尾行警官が逮捕(読売新聞)
首相動静(5月27日)(時事通信)
posted by ミヤマエ ノブユキ at 02:17| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。