2010年03月30日

券売機の釣り銭補充、100円と10円取り違え(読売新聞)

 JR西日本福岡支社は25日、山陽新幹線小倉駅(北九州市小倉北区)で約2時間にわたり、自動券売機の小銭補充を誤るミスがあったと発表した。

 支社によると、同日午後0時半頃、券を購入した乗客から駅員に「釣り銭が90円少ない」と苦情があった。調べたところ、誤って100円硬貨の補充口に10円硬貨、10円硬貨の補充口に100円硬貨が入っていた。並んでいる同機種の2台も同様だった。乗客には90円を返却した。同午前10時半頃に補充した社員が誤ったという。

 ミス発覚までの間、3台では乗車券と特急券、入場券計278枚を発売したが、発売金額に対し、回収金額が4680円少なかったという。同支社は「ミスは大変申し訳ない。釣り銭誤りの申し出があれば小倉駅で対応する」と話している。

<日本鋼管病院>診療報酬過大受給か 育休看護師ら「常勤」(毎日新聞)
<死体遺棄>工事現場に男性埋めた疑い、20歳男逮捕 茨城(毎日新聞)
指定弁護士ら遺族と面談=兵庫・明石歩道橋事故(時事通信)
<冷却ジェルパッド>女性2人がアレルギー性接触皮膚炎に(毎日新聞)
あえて連携アピール 鳩山首相と小沢氏、がっちり握手(産経新聞)
posted by ミヤマエ ノブユキ at 01:35| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月24日

<避難勧告>豪雨、台風発生に58%間に合わず (毎日新聞)

 昨年発生した豪雨や台風で市町村が発令した避難勧告・指示のうち、58%は災害発生に間に合わなかったことが、内閣府の調査で分かった。発令の対象地域と被害地域が異なるケースも52%あり、自治体の避難勧告・指示が適切でない場合もある実態が浮かんだ。

 調査は昨年12月〜今年2月、昨年の中国・九州北部豪雨(7月)と台風9号(8月)、18号(10月)の際に避難勧告か指示を出した108市町村に実施、対応などを聞いた(回答率89.8%)。

 発令のタイミングは、浸水や土砂災害の発生の認知後34.6%▽災害発生の少し前24.4%▽災害発生と同時期23.1%▽災害発生までに十分な余裕があった17.9%。発令対象と被害が出た地域の関連性は、発令対象以外でも被害が出た46.4%▽発令対象と被害地域が同じ34.0%▽被害が全く出なかった7.2%▽発令対象と被害地域が全く異なる5.2%−−などだった。【福永方人】

【関連ニュース】
大雨災害:避難判断は「個人で」 検討会報告書案
津波:避難の3400人帰宅、危機管理に課題も…東海地方
チリ大地震:津波で避難3.8% 指示・勧告出た市町村で
津波:最大1.2メートル観測 66万世帯に避難要請
津波:4万世帯以上に避難勧告など 過去に被害の和歌山

37歳長男をハンマーで殴り殺害容疑、父逮捕(読売新聞)
修学旅行生162人の名簿紛失=近ツー(時事通信)
乳児・揺さぶられ死で24歳母「育児せぬ夫に悩み」(産経新聞)
来週にも谷垣−与謝野会談 邦夫氏は「あわてない、急がない」(産経新聞)
鳩山首相と関係閣僚が23日協議=政府案決定へ詰め−普天間移設(時事通信)
posted by ミヤマエ ノブユキ at 07:14| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月23日

民主、生方副幹事長を解任 辞任拒否で“粛清”「動き出てくる」?(産経新聞)

 民主党は18日の緊急副幹事長会議で、17日付産経新聞のインタビューで小沢一郎幹事長ら執行部批判をしたことを理由に、生方幸夫副幹事長の副幹事長職解任を決めた。後任は辻恵衆院議員を充てる。これに先立って高嶋良充筆頭副幹事長が生方氏を党本部に呼び、辞表提出を求めたものの生方氏が拒否したためだ。小沢氏に批判的な議員への事実上の“粛清”ともいえ、これによりくすぶり続けてきた「小沢おろし」の動きが一気に加速する可能性も出てきた。

 「元秘書らが3人逮捕されている小沢氏の責任を何も問わず、外部に向かって批判したから辞めろというのはおかしくないですか」

 18日午後。党本部の一室で生方氏が声を荒らげた。インタビュー記事のコピーを手にした高嶋氏が「これは執行部批判だ。副幹事長の職を辞していただきたい」と迫ったからだ。

 高嶋氏は、生方氏がインタビューの中で「今の民主党は権限と財源をどなたか一人が握っている」と小沢氏を批判した点を特に問題視。「正副幹事長会議で発言しなかった。それでいて外でいうのはケジメが付かない」と述べた。

 生方氏も一歩も引かず「意見を言える雰囲気ではなく、議論の時間を取らなかった」と反論。「幹事長室に権限を一極集中すべきではない」と改めて小沢氏らの党運営を批判するなど、両者の言い争いは次第にボルテージがあがった。

 生方氏が党内の政策論議を深めるためとして「政策調査会の設置を目指す会」に、小沢氏に距離を置く中堅・若手を集めているのも執行部のカンにさわっていたようだ。

 生方氏は「倫理委員会で堂々と意見を述べる。そこに呼んでほしい」と主張したが、高嶋氏は「辞表を出してほしいといっている」と拒否した。同日夕には副幹事長会議を緊急招集し、生方氏の解任を決定した。小沢氏は高嶋氏からの報告を受け、「残念だな。円満に解決できなかったのか」と語ったという。

 鳩山由紀夫首相は18日夜、首相官邸で記者団に「党の中では一切話さず、メディアに向かって話すのは潔い話ではない」と生方氏の解任に理解を示した。参院幹部は「役職どころか議員も辞めればいい。人間失格だ」と生方氏を手厳しくこき下ろした。

 高嶋氏ら執行部が小沢氏に対する批判を公然と締め付け始めたことで、党内対立の激化は避けられない情勢だ。小沢氏に距離を置く民主党七奉行の一人、野田佳彦財務副大臣は同日の記者会見で「耳に痛い話をした人が辞表を迫られるのは極めてよろしくない」と指摘。渡部恒三元衆院副議長も「(解任は)とんでもないこと。民主党は民主主義を語る資格がなくなる」と嘆いてみせた。

 小沢氏に批判的な中堅はほくそえんだ。

 「執行部は何で火に(解任という)ガソリンを注ぐようなことをするんだ? いろんな動きが出てくるぞ」

【関連記事】
生方副幹事長、辞任拒否 「小沢氏は元秘書ら3人逮捕されているのに…」
首相、普天間移設先の説明は「沖縄が中心になる」
生方幸夫民主副幹事長「党の“中央集権”、首相は小沢氏を呼び注意を」
「われわれにも政策論議を」民主で「政調」復活求め41議員が“決起”
真紀子、沈黙やぶりついに始動!?擁護一転、小沢に反旗
20年後、日本はありますか?

3分の2解約に向け交渉―輸入新型ワクチン(医療介護CBニュース)
アフリカ投資かたる2社、実名を公表(読売新聞)
<性的暴行容疑>逮捕の英会話教師、保護者から性教育承諾書(毎日新聞)
<取り調べ可視化>早ければ来年6月めど結論 法務省勉強会(毎日新聞)
衆院外務委員会参考人質疑(鈴木宗男委員長の総括質疑)(産経新聞)
posted by ミヤマエ ノブユキ at 11:58| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。